事業報告

事業報告詳細一覧に戻る

2013.07.26

「安心院若摘みぶどうグラッセ」商品化報告会

7月23日(火) 
宇佐市役所第1応接室にて

宇佐市ぶどう商品開発チームで取り組んできた、摘果ぶどうを使用した加工食品「安心院若摘みぶどうグラッセ」が商品化され、市長への報告会が行われました。
 長年の課題であった摘果ぶどうの有効活用法の一つとして、大変注目されています。今回は、販売の第一弾としてチームメンバーである「友田農園」(代表 友田明彦氏)が栽培したぶどうを、南光物産㈱に製造委託し、販売します。今後、ぶどう園ごとのオリジナルのグラッセの製造販売も可能となるため、他のぶどう農家への波及や、ぶどう産業の活性化が期待されています。

◆販売店  ワイナリーレストラン朝霧の庄
      里の駅 小の岩の庄
      道の駅 いんない
◆小売価格 50g入 525円(消費税込)

旅色に紹介されました